ナノ構造制御研究部

募集中のプロジェクト

ゾル−ゲル法を用いたエレクトロスピニングによる機能性ナノファイバーの合成研究

ナノ構造制御研究部 丸田彩子
フェロ&ピコシステム研究部 藤井泰久

機能性ファイバーの写真
1. 背景:
[従来の課題]
従来、無機物質のナノファイバー化は難しかった。
[本研究の目的]
エレクトロスピニング技術及び材料設計技術を駆使して、新規な高機能・高付加価値のナノファイバーを合成する。
2. 提案概要:
ゾル−ゲル法をエレクトロスピニングプロセスに導入し、プロセス開発研究をおこない、無機の機能性ナノファイバーを合成する。また、ナノファイバーの特徴を生かしたデバイスなどを意識した応用技術開発をおこなう。
3. 期待される成果:
従来にない無機ナノファイバーや有機・無機コンポジットによる高機能・高付加価値ナノファイバーが合成できる。
4. 研究期間:
4ヶ月

キーワード:マイクロ流体制御、エレクロトスピニング、電界紡糸、ゾルゲル、ナノファイバー

本件に関するお問い合せは下記までお願いいたします。
ナノ構造制御研究部
ページトップへ

得意技術領域