エネルギー材料研究部

募集中のプロジェクト

ポリシルセスキオキサンの精密成形とその応用に関する研究提案

エネルギー材料研究部 辻 清治、鈴木 一子

1. 背景:
[従来の課題]
分析と分画両方で使えるハイスピードな分離材料はなかった。
[本研究の目的]
シルセスキオキサンをベースに機能性多孔質成形体を得て、ハイスピード/高選択性の分離材料や吸着性を作製する。
2. 提案概要:
凍結ゲル化法によりシルセスキオキサンを骨格とする多孔質体を成形後、光により架橋させる。
3. 期待される成果:
カラム充填材、吸着材などに環境関連技術や分析化学分野に応用が可能となる。また新規なロッドカラム製造プロセスとしても期待できる。
4. 研究期間:
1年

キーワード:ポリシルセスキオキサン、POSS、多孔体、充填材、吸着材、分離材

本件に関するお問い合せは下記までお願いいたします。
エネルギー材料研究部
ページトップへ

得意技術領域