解析研究センター

募集中のプロジェクト

燃料電池のMEA評価

解析研究センター 長瀧篤子、佐野浩司

弊社所有のFE-EPMA(日本電子製JXA-8500F)

弊社所有のFE-EPMA(日本電子製JXA-8500F)

1. 背景:
次世代電源として期待される燃料電池が、実用化の時代を向かえ、経年劣化評価、性能評価の必要性が不可欠となってきた。
2. 本分析の特徴:
弊社所有のFE-EPMA(フィールドエミッション型電子線マイクロアナライザ)を用いて、燃料電池の心臓部といわれるMEAの断面より経年劣化評価を行う。
  • フィールドエミッション型を用いることにより高分解能での分析が可能。
  • 元素マッピングにより、元素分布を可視化。
  • 元素分布を定量的に可視化。
3. 期待される成果:
分析結果より
  • 電解質膜、触媒層等の構造評価
  • 触媒の評価(粒径・凝集状態など)
  • 新品と劣化品の比較評価
  • 分析結果と性能評価の解析
の結果が得られる。

キーワード:燃料電池、MEA、FE-EPMA、元素マッピング断面、触媒

本件に関するお問い合せは下記までお願いいたします。
解析研究センター
ページトップへ

得意技術領域