新機能性材料研究部

樹脂の寸法安定性をZrW2O8で向上

●ZrW2O8は高い負の熱膨張係数を持つ粒子(=熱収縮粒子)

●寸法安定性が求められる幅広い材料に応用可能

目的・背景・課題

背景@ 光学材料では屈折率温度依存性を制御することが重要
A 負の熱膨張を示すZrW2O8のナノコンポジットにより、光学材料の温度依存性を相殺
課題 サイズが揃ったZrW2O8ナノ粒子の合成は困難(従来合成法)
目的 サイズが揃ったZrW2O8ナノ粒子の合成とナノコンポジット成形体の創製

本技術の特徴

Scheme.  Synthesis of ZrW2O8 nanoparticles
  1. ZrW2O8前駆体をソルボサーマル法で合成(Fig. 1, 3)
    Fig.1 Fig.2 Fig.3
    ・連続式製造方法(図2)により、3〜4g/2hrでLiMnPO4ナノ粒子の作製が可能。
  1. 焼成によりZrW2O8に変換
    ZrW2O8の特徴
    @結晶性粒子(XRD分析結果、Fig. 3)
    A500nm以下の不定形粒子(一次粒子、Fig. 2)
    B組成比 Zr : W : O = 1 : 1.8 : 8.1 (SEM-EDS)
  2. ナノコンポジット化
    ZrW2O8の特徴
    ・ポリカーボネートにナノコンポジット:分散性良好
    ・ZrW2O8 0.7w%添加、厚さ0.1mmのシートに成形
    ・コンポジット成形体の線膨張係数を10%抑制可能(Fig. 4)
Fig.4
お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI 新機能性材料研究部 花阪・在間
TEL:075-322-6832
新機能性材料研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域