新機能性材料研究部

カーボンナノカプセル化LiMnPO4ナノ粒子

●カーボン層厚3nm未満

●LiMnPO4ナノ粒子合成後、これを大気中、400℃で焼成するだけでカプセル化

概要

  • 背景
    ・LiMnPO4粒子(Liイオン電池正極材)の低電気伝導性改善のため、粒子表面にカーボン層形成。
    ・従来法では、カーボン層の厚みや均一性のコントロールが難しい。工程が多いのでコスト高。
  • 目的
    シンプルな方法でカーボンカプセル化LiMnPO4ナノ粒子を作製。
  • 手段
    ソルボサーマル法により表面にグリコール吸着層が形成されたLiMnPO4ナノ粒子を作製し、焼成。

本技術の特徴

  1. 簡単な作製工程
    ・連続式製造方法(図2)により、3〜4g/2hrでLiMnPO4ナノ粒子の作製が可能。
  1. 粒子について
    ・粒子径30nm程度の独立粒子、高結晶性(図3)
    ・カーボン層厚は0.5〜2nmで、粒子全面を覆う(図4)
    ・Liイオン電池正極としての性能確認済


今後の展開

●今後、電極材としての性能向上のために粒子径を小さくすること、性能評価、低コスト化、実用化などについて受託研究を行っていく予定である。

お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI 新機能性材料研究部 在間・花阪・荘所
TEL:075-322-6832
新機能性材料研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域