デバイスマテリアル研究部

二酸化炭素の固体化

●非常に簡便な手法で二酸化炭素を化学的に固体化することが可能

●従来技術と比べて、低エネルギー・低コスト化が可能

目的・背景

●従来の二酸化炭素の化学的固定化法 ; 高温高圧下での反応が必要

従来の二酸化炭素の化学的固定化法

●目的;低温低圧下で一気に大量の二酸化炭素を固体化する

本技術の特徴

●特殊な塩基性触媒を用いることで、非常に簡便な手法かつ温和な条件で二酸化炭素を固体化します。

  • 反応温度;室温〜100℃程度
  • CO2圧力;常圧〜5MPa程度
  • 安価な反応溶媒中での反応が可能
  • 塩基性触媒も安価かつ毒性が低い
  • ジアミン、メラミンなど種々の多価アミンを利用可能
大がかりな設備投資の必要なく、CO2の固体化が可能
本系で得られたポリ尿素の赤外吸収スペクトル

本系で得られたポリ尿素の赤外吸収スペクトル

KRIからのご提案/今後の展開/期待される成果など

●今後、反応条件の最適化を行い、二酸化炭素固体化反応の応用利用について研究受託致します。

応用展開例;

  • 多価アミンとCO2から新規機能性物質の創生
  • アミン末端ポリマーの架橋反応 → ポリマーの耐熱性向上
  • メラミン樹脂合成におけるホルムアルデヒド低減化
お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI デバイスマテリアル研究部
TEL:075-322-6832
デバイスマテリアル研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域