デバイスマテリアル研究部

In-situ分光システムによる微粒子観察技術

●ナノ粒子形成プロセスの本質に迫ります

●光の目がさらに微小なナノ粒子を創出します

目的・背景

●通常の湿式粒子合成プロセスでは温度・圧力・時間を制御・モニタして粒子を得ますが、これらプロセス条件選択は経験的要素が強く、最適条件であるか否かの判断は最終生成物を得てはじめて分かるものでした。

従来のプロセス探索イメージ

従来のプロセス探索イメージ

本技術の特徴

  1. 各種環境中の粒子状態を観察
    ・溶液(酸・アルカリ・溶剤)・スラリー・ガス雰囲気etc
    ・最高使用温度:200℃ 最高使用圧力:10MPa
    ・ミリ秒単位からDay単位まで追跡可能
  2. 粒子の化学組成情報も取得
    ・粒子のラマンスペクトル
In situ 分光システム概要

In situ 分光システム概要

KRIからのご提案/今後の展開/期待される成果など

●ナノ粒子製造プロセス条件の効率的探索をご提案します。

●シングルナノ粒子作製プロセス探索へ展開します。

●極限環境下における材料状態追跡試験も可能です。

期待される取得データの例

期待される取得データの例

お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI デバイスマテリアル研究部
TEL:075-322-6832
デバイスマテリアル研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域