エネルギー変換研究部

ハイブリッドポリマー電解質

電気自動車、家庭用電力貯蔵向けの蓄電デバイスとして、高性能な大型リチウム電池の研究が精力的に進められています。しかし異常事態においても、高い安全性を確保するにはまだ多くの問題が残されています。一方安全性の高い固体電解質電池への期待が高まり、伝導性向上を目指し、様々なポリマー固体電解質が提案されていますが、低温作動を実現する事は困難と思われます。近年携帯機器用小型電池においては、ゲル系ポリマー電解質電池が実用化されておりますが、電池を大型化した場合、やはり安全性が懸念されるのが現状です。上記状況下kriは、高エネルギー密度と高い安全性を兼ね備えた大型リチウム電池として、ハイブリッドポリマー電解質電池を御提案しています。そのコンセプトは、電解質には液系あるいはゲル系電解質を使用して高出力特性及び低温特性を維持し、活物質の表面には薄く均質なポリマー電解質をコーティングすることにより、活物質-電解液界面反応を本質的に抑制し、高い安全性を確保するという新しい複合技術です。



高エネルギー密度と高い安全性を兼ね揃えた -次世代大型リチウム電池の提案-

開発コンセプト図

お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI エネルギー変換研究部
TEL:075-315-9259
fax:075-315-9279
エネルギー変換研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域