エネルギー変換研究部

高出力型リチウム電池負極材料

近年、地球環境問題、省資源を目指したエネルギー有効利用の観点から、電気自動車、家庭用電力貯蔵システムの開発が活発に行われています。リチウムイオン電池は300wh/lを超える高エネルギー密度を有する優れた蓄電デバイスであり、高出力が要求されるハイブリッド型電気自動車等への適用も検討されています。しかし、現状開発されている高出力型リチウムイオン電池の場合、ハイレートを実現する為に、電極面積を大きくする必要があり、エネルギー密度が低い設計となります。kriでは活性炭をベースとした独自炭素質材料のリチウム系二次電池用負極への適用を御提案しています。本材料は高比表面積にもかかわらず効率良く、多くのリチウムを蓄える事が可能であり、活性炭同様の出力特性が得られ、高容量・高出力を両立するリチウム系二次電池の実現可能性を示唆しています。



高エネルギー密度と高出力を実現 -次世代リチウム二次電池の提案-

高容量、高出力を兼ね備えた新規負極材料の開発

  • 新規負極材料の探索及び選定(原材料、合成条件)
  • 新規負極材料の構造最適化(分子レベル構造、ナノ構造)
  • 新規負極材料の初期効率に関する検討


高出力型電池の性能比較図 グラフ
お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI エネルギー変換研究部
TEL:075-315-9259
fax:075-315-9279
エネルギー変換研究部お問い合わせ(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域