解析研究センター

ナノ材料微小部分析評価法(銅ナノワイヤーの確認)

銅箔からフェムト秒レーザーでワイヤー状に作製されたものについて超薄切片の分析を行い、tem分析の結果から微結晶が凝集したような形態となっており、epma測定における特性x線スペクトルのピーク強度比を利用した銅の化学状態マッピングから、表面付近は酸化銅(青)であるが、中心付近は金属銅(赤)で、線状につながった銅ナノワイヤーであることを見出しました。


銅ナノワイヤーのtem写真(結晶物の確認)とfe-epma状態マッピング(金属ワイヤーの確認)

実施分析例(協力:京都大学 平尾研究室)

ナノ微小部分析評価法の一例を下記リンク先にあげています。

お問い合わせ先
お問い合わせ、お見積もりのご依頼などは、下記にご連絡ください。
株式会社KRI 解析研究センター
TEL:06-6466-4555
fax:06-6461-9512
解析研究センターお問い合わせ・お見積受付(メールフォーム)
ページトップへ

得意技術領域