環境化学プロセス研究部

「化学プロセス」「環境」「バイオマス」「エネルギー」の分野において、調査研究や開発研究から
スケールアップ、事業化検討まで、工学的な切り口でお客様の事業開発のお手伝いをいたします。

「化学プロセス」、「環境」、「バイオマス」、「エネルギー」の分野においてお客様の事業開発のお手伝いをいたします。

スケールアップと事業採算性の評価

(1)スケールアップ設備の概念設計
  • 開発初期の情報から製造設備を概念設計
  • シミュレーションなどで全体の物質・熱収支を推定
(2)商業規模設備のフィジビリティスタディ
  • 設備投資額と製造コストの推算
  • 投資採算性検討、感度分析
    (DCF法によるIRR計算などを指標に)
(3)スケールダウン実験とコスト低減検討の実施
(4)ベンチ・パイロット設備の基本設計や建設支援
プロセスシミュレーション(例)
プロセスシミュレーション(例)
製造コストの感度分析(例)
製造コストの感度分析(例)

FO(Forward Osmosis)プロセスの応用

FOプロセスは、浸透圧差を駆動力に自発的に水を透過させる省エネルギー型の水処理プロセスです。FOプロセスに関する下記の用途開発、FO膜やドロー溶液に関する要素技術開発をサポートいたします。
  • 海水淡水化
  • 廃水処理
    工場廃水やクーリングタワー冷却水、下水の濃縮
  • 食品や医薬品等の濃縮
  • 非常用造水システム
  • 塩分濃度差発電(PRO発電)  など
FO(Forward Osmosis)プロセス
FO(Forward Osmosis)プロセス

バイオマスからのフェノールの高選択的製造

原料、触媒および反応条件の最適化により、リグニン含有バイオマスから、置換基のないフェノール(石炭酸)を高選択率で得ることに成功しました。
宮崎大学殿との連携により、収率の向上や製造コストの低減、スケールアップに取り組んでいきます。
実用化に向けたパートナーを募集します。
竹リグニンの水素化分解結果(データは宮崎大学農学部殿より提供)
竹リグニンの水素化分解結果
(データは宮崎大学農学部殿より提供)

水蒸気導入型TG-DTA法を利用した反応解析

水を伴う熱化学反応全般の解析に用いることができます。
調湿雰囲気におけるプロセス条件設計、反応解析、物性評価など幅広く対応することができます。
また高速昇温炉も備えており、500℃/minで加熱することができます。
実績
  • 炭素材料(高分子・石炭・バイオマス等)の
    熱分解反応解析
    ガス化反応解析
    水蒸気賦活条件探索
  • 微量試料(〜1mg)における
    水の吸脱着測定
  • 化学蓄熱材の
    反応速度・反応熱評価
水蒸気導入型TG-DTA法を利用した反応解析

2016年12月現在

ページトップへ

得意技術領域