新機能性材料研究部

コア技術およびそれらの高度な協働により新技術・新機能性材料の創出をお手伝いいたします。

コア技術(主な得意技術)

  • 有機合成 (医薬品・新規化合物合成)
  • 高分子合成 (複雑なブロックコポリマー、高分子結晶合成)
  • 無機材料合成 (ソルボサーマル法による良分散性ナノ粒子合成)
  • 界面制御 (異種物質の分散・相溶)
  • 物質複合化 (溶融・混練による高度分散・複合化)
  • 物性推算技術

コア技術の 協働領域 における主な得意技術

I  :  CO2固体化反応、機能性オリゴマー合成
II  :  各種表面の親疎水化
III  :  異形高分子結晶粒子合成、高分子ナノ粒子合成
IV  :  高分子カプセル粒子
V  :  相溶化、相溶化剤
VI  :  ナノ粒子易分散性高分子、オリゴマー修飾クレイ、ナノコンポジット
VII  :  CNT、グラフェン分散
VIII  :  無機カプセル粒子
IX  :  ポリマーアロイ

保有する技術の種

@ 物性予測

A ポリマー物性制御関連

B ポリマー複合化関連

C CO2関連

D 熱伝導関連

  • 熱伝導材・放熱材の作製・評価
  • ナノカーボンコンポジット熱伝導材
  • 熱伝導性無機コーティングカーボンを用いた絶縁性熱伝導材

E 電気伝導関連

F 2次電池関連

  • ナノグラファイト被覆LiMnPO4ナノ粒子
  • グラフェン/金属化合物ナノ粒子複合体

G カプセル関連

  • カプセル化ナノ顔料(分散液)
  • グラフェンカプセル

H その他

2015年5月現在

ページトップへ

得意技術領域