株式会社 KRI Your Innovation Partner

JPEN

得意技術領域TECHNOLOGY

セラミックス材料を作製したい

酸化物系を中心としてセラミックスの機能発現の設計や成型技術を有しています。

セラミックス焼結体(バルク・粉体)

●プロセスの構築と改良

現有製造プロセスからより環境低負荷で低コストのプロセスが必要とされています。KRIでは天然由来の材料をバインダーや分散剤として利用して、プロセスの簡素化や環境への配慮を行っています。また、バルク体では緻密体から多孔体まで添加剤で制御可能です。

●機能付与

導電性材料に発光特性を付与など、新たな機能を付加します。

●機能向上

組成制御による誘電体の誘電率向上、発光材料の発光強度の向上や発光波長のシフトを行っています。

図1 発光特性を付与した導電材料。写真右上は同じ組成物を粉末で作製。
図2 Al₂O3焼結体。天然素材をバインダーとして1wt%未満の添加量で成形体を得ることが可能。焼結体の相対密度は95〜99%。添加量を増大させることで低密度化も可能。

受託実績 一例

  • LED用蛍光体の開発
  • PDP用蛍光体の開発
  • 圧電体の低温焼成法の開発
  • プラズマ発生装置用誘電体材料の開発
  • 有機無機コンポジット用無機フィラーの開発

KRIからのご提案

公開
状態
詳細 得意技術領域 研究組織
公開 膜乳化法による機能性均一液滴・粒子の形成 機能性材料 構造制御材料研究部
公開 低環境負荷型バインダーによるセラミックスの合成 機能性材料 構造制御材料研究部

上記に当てはまるものがない

記載にないお困りごとも、お客様のお困りごとに最適なご提案をさせていただきます。フォームより気軽にお問い合わせください。
折り返し担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせ

研究に関するご質問・お問い合わせはこちらから

KRI会員サービスKRI MEMBERS

簡単な情報登録で会員限定コンテンツの
閲覧パスワードを取得いただけます。
ニュースレターの配信や会員限定の
お得な情報を無料でご覧いただけます。