電気化学
デバイス研究部

電気化学デバイス研究部からのお知らせ

電気化学デバイス研究部では固体高分子形燃料電池(PEFC)を中心とした電気化学デバイスと構成部材の研究開発を進めています。また、これらの技術を活かして、機能性材料や薄膜材料デバイスの研究開発に展開しています。

技術領域

  • ・電極触媒開発
  • ・電極触媒層の設計
  • ・塗膜の粘弾性解析
  • ・多孔質材料の水分特性解析
  • ・有機薄膜デバイス開発
  • ・カーボン材料の表面改質
  • ・PEFC部材の特性評価
  • ・塗膜の偏光解析
  • ・有機半導体材料設計及び合成
  • ・薄膜エレクトロニクスデバイスの特性評価

提案事例

1.電極触媒およびMEA開発

  • ● 精密有機合成技術により、酵素活性中心を模擬した新規な非白金電極触媒の開発を提案します。

酵素模擬触媒の開発スキーム

  • ● Pt合金ナノ粒子の脱合金化により、高活性かつ高耐久性なナノポーラスPt電極触媒とそれを用いた電極触媒層・MEAの開発を提案します。

ナノポーラスPt担持カーボン触媒のTEM像とイメージ図

2.電極触媒層および電解質膜の評価

  • ● 電極触媒インクの乾燥プロセスにおける粘弾性を解析することにより、電極触媒層の凝集状態を数値化して評価できます。
  • ● MEA内部の電解質膜中で配向した高分子の状態を光学的手法である偏光分光を用いて解析し評価できます。

電極触媒インクの乾燥プロセスにおける粘弾性変化

その他

PEFCの構成部材の特性評価、小型サイズの単セルでの発電特性評価も対応しています。
有機半導体材料を用いた有機EL、FET、化学センサ等の薄膜エレクトロニクスデバイスについての材料開発・デバイス作製・特性評価まで様々な開発のサポートが可能です。