表面修飾層の分析

〜シランカップリング剤処理の最適化〜

数nmの薄い表面処理層の構造情報を得て、シランカップリング剤の処理条件を最適化することで、最大の効果が得られます。

目的・背景

  • ●シランカップリング剤は、複合材料の界面強度、接着力等の向上を目的とし、様々な製品で使用されている。
  • ●添加効果を十分に得るためには、加水分解/縮合反応の進行状態や表面への導入量を分析によって把握し、反応条件を適正化する必要がある。

本技術の特徴

本技術適用の期待される応用分野

シランカップリング剤処理を行うあらゆる製品が対象です

  • ●加水分解条件(時間、pH)の適正化
  • ●液のポットライフ(自己縮合反応性)の確認
  • ●被覆率UPのための処方

この内容に関するお問い合わせ

構造制御材料研究部