環境・エネルギーに関わる最新動向を継続ウォッチ!

〜[政策・技術・市場の動向調査]〜

■環境・エネルギー分野の豊富なネットワークを駆使し、最新情報の継続的な収集・分析により先を見据えた意思決定、計画策定をご支援。

■国や自治体の政策・施策の動向から、新規技術の開発取組み動向・応用製品の市場動向まで幅広い領域をカバー。

事例1:「関連省庁や全国自治体等における最新の政策・施策動向配信サービス 」

●省エネ・新エネに係る国や自治体の設備導入助成施策(補助金等)を対象に、その最新の取組み情報を漏れなく迅速に把握し、とりまとめての情報配信サービスをご提供。

●関連省庁にて、有識者を委員として継続開催されている各種審議会や特定課題に対して随時設置される検討委員会等における最新の検討内容などを、迅速に把握・分析し取りまとめての情報配信サービスをご提供。

【(例)経産省の設置会】
◆審議会: 産業構造審議会、消費経済審議会、日本工業標準調査会、計量行政審議会、電力・ガス取引監視等委員会、中央鉱山保安協議会、輸出入取引審議会、国立研究開発法人審議会、化学物質審議会、総合資源エネルギー調査会、調達価格等算定委員会、中小企業政策審議会
◆研究会等
(分野毎に多数)
経済産業分野、対外経済分野、ものづくり/情報/流通・サービス分野、中小企業・地域経済産業分野、エネルギー・環境分野、安全・安心分野、その他分野

各会の下位には、多数の専門委員会/WGなど設置

事例2:「技術開発成果に基づく新たなターゲット市場への上市可能性調査」

●新規開発技術の特徴)を活かした新規ターゲット市場を対象に、現在の市場構造・規模・ポジショニングなどを、専門調査機関のレポートや各種文献や発表記事なども収集・分析し、可視化。

●ターゲット市場における現製品群の課題等を、業界ヒアリングなどを通して抽出・分析することで、新規開発技術による上市戦略策定のための仮設・検証をご支援。

技術とビジネスのそれぞれに精通した専門家と研究員が協力して、ご支援。