ホールプローブによるロータ磁場分布測定

目的・背景

近年、ロータは、技術の進歩により精密・高速化が進み、より高い性能と機能が求められています。
ロータは種々の原因で不具合が生じますが、その不具合の状態を表面磁場分布測定によって、調べることが可能です。
劣化箇所の特定、原因を調べる上で非常に有効な手段です。

概要

ホール素子による磁場分布測定例 - 回転方向の磁場分布

KRIからの提案

通常の磁場分布測定のみではなく、微小ホール素子を使用した詳細なデータを供出することが可能です。