パルスB-Hカーブトレーサーによる磁石材料特性評価

●公平中立の立場で磁石材料磁気特性を評価
●国際標準規格JIS/IECに準拠した測定手法と磁石専門家による解析、考察
●温度可変パルス励磁型磁石特性評価装置

磁気測定装置の仕様

●国際標準規格JIS/IECに準拠した測定手法を用いて測定。
  ・磁石専門家が解析、考察、トラブル解決等ご相談に乗ります。
●最大磁界8Teslaまでの高磁場印加測定
●200℃までの温調機能により、連続温度特性評価

<新規測定内容例>
1.「ミルフィーユ測定法」
  薄板の磁石試験片をスライス加工し、標準寸法に積層後測定
    ・用途;Dy(Tb)拡散磁石の評価、薄物・小物磁石の加工劣化評価
2.配向度、異方性磁界(HA)の評価
  標準立方体を加工し、容易軸と困難軸方向第一象限を測定
    ・用途;磁石の配向度、異方性磁界HAの評価
3.着磁特性評価;着磁磁界を可変し着磁率を測定
  ・ヒータ加熱して着磁特性評価。磁石材料の着磁性改善の提言

データ例

室温の容易軸、困難軸J-Hカーブ

磁石温度特性

< 重ね合わせ枚数による磁気特性への影響 > 
・7mmt、(標準試料) 3.5mmt(2枚重ね)では加工劣化の影響無し、測定数値再現性も良好
・重ね合わせ枚数が増える(薄板になる)につれ、全ての磁気特性が劣化
・Hk90の低下が最大
      用途により磁束密度低下、耐熱性低下に考慮対策が不可欠