磁石微細孔加工と内部磁場測定

目的・背景

従来は、内部磁場測定を直接する手法がなく、磁石表面の漏れ磁界を測定し、その値から内部磁場分布を推測する手法を採用していました
一方、磁石の高性能化が進み、特にDy拡散磁石の減磁状態を正確に把握するためには磁石内部の減磁分布の測定が不可欠との認識が高まっています。

概要

直接に磁石内部の磁場分布を測定するためには、高精度の微細孔加工技術が必要だった。
実際に孔加工技術を確立させた後に、最新の超小型ホール素子を用いて、内部磁場分布測定を実施することができた。

KRIからの研究提案

Dy拡散磁石の減磁状態を正確に把握する等、磁石内部の減磁分布測定の重要性が高まっています。今回の微細孔加工技術と内部磁場分布測定は、そのニーズに対して具体的に数値化したデータを供出することができました。
改善点は多々ありますが、今後、磁場シミュレーションをする際にも、重要なデータとなることが期待できます。

この内容に関するお問い合わせ

フェロ&ピコシステム研究部