SOECの水蒸気電解性能評価(単セル〜スタック)

二酸化炭素電解・水素同位体使用試験にも対応

様々なH2O分圧のカソードガスを使用して評価可能

目的・背景

近年、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで得られた電力が大幅に増加し、送電網を介した電力の需給バランスが損なわれる懸念が顕在化しつつあります。その見通しでは、 発電されたエネルギーの蓄エネルギー化が叫ばれ、二次電池などの蓄電技術の他、H2などの化学エネルギーに変換して貯蔵する技術も有望視されています。
電解質が固体である固体酸化物型電解セル(SOEC: Solid Oxide Electrolyser Cell)は、通常、高温(500℃以上)で作動するため、室温作動型の電解セルと比較して、電解電圧を低減でき、高効率な電力貯蔵システムを実現できる可能性があります。

評価の例

ご支給のセル・スタック(プロトン導電体・酸化物イオン導電体問わず)の電解容量とご要望のガス組成・ガス流量から適切なガス供給系を、排気系も含めて構築します。
特に、重水(D2O) 、重水素(D2)を使用した試験にも対応可能です。