評価・分析関連技術トピックス

クライアント様ニーズに応えるべく、先端評価・解析手法の開発を実施しています

開発例

  • ・電流休止法抵抗解析による入出力計算
  • ・四極セルによる抵抗分離手法
  • ・各種抵抗の複合解析手法
  • ・電子・イオン伝導度の分離手法(電極内)
  • ・限界負荷率評価法(初期、劣化模擬)
  • ・寿命予測シミュレーション法
  • ・反応均一性シミュレーション
  • ・安全性メカニズム解析に向けた独自試験法
  • ・高精度電圧、電流測定によるメカニズム解明手法
  • ・薄型(100〜20μm)断面拡大解析

電極断面方向の各深さにおけるSEI組成分析解析

  • ●表面から数10μm〜100μmの深さ方向におけるSEI組成変化の解析に有効です。
  •  ・深さ方向におけるXPS測定により、電極均一性、反応均一性解析
  •  ・推定される劣化メカニズムから課題解決方向性をご提案

二次劣化と密接に関わる反応偏在を設計段階で捉える

●劣化に大きく影響している可能性もある、内部に潜む、見えない反応偏在を初期に捉えることで、性能改善や二次劣化抑止に向けての設計段階でのフィードバックも可能になります。