光触媒機能の付加技術

高機能酸化チタン光触媒を用いた光触媒機能を付与する技術

目的・背景

●酸化チタンは光照射下で有機物分解性や親水性、抗菌性、抗カビ性を発揮する光触媒です。
●現在多くの酸化チタンが開発されており、有機物分解性や親水化機能を持っています。
●人体に無害な物質であり、安価です。

本技術の特徴

●光触媒機能のマネジメント
  ・有機物分解性、親水性、抗菌性、抗カビ性等
    ⇒要望される機能に合わせて最適な酸化チタン光触媒を選定します。
●弊社の分散技術
  ・樹脂(固体)やコーティング剤(液体)への分散技術
    ⇒各種材料へ光触媒を分散し、光触媒機能を付与します。
    ○二軸混練機を用いた樹脂への分散技術
    ○分散剤(※モノマー付加ポリマー、カップリング剤等)を用いたコーティング液中への分散技術 等

KRIからのご提案/今後の展開/期待される成果など

●樹脂やコーティング剤に光触媒を分散させ、光触媒機能を付与します。 
●有機物分解性、親水性、抗菌性、抗カビ性等、望まれる機能に合わせ酸化チタンを選定します。
●材料の種類や構造に合わせて、最適な分散方法、分散技術をご提案します。