マテリアルズ・インフォマティクスを用いた材料開発の動向調査

マテリアルズ・インフォマティクスの動向調査を提供し、お客様の材料開発のスピードアップに貢献します。

目的・背景

・近年、人工知能(AI)を用いた新材料の研究開発、特に、材料科学とデータ科学を融合したマテリアルズ・インフォマティクス(以下MI)が注目されております。

・MIは、必要な機能・性能をコンピュータに入力し、AIにより所望の材料を提示するシミュレーション手法です。MIを活用することで新材料の研究開発のスピードアップが期待できるため、各国・各企業はMIに関する研究開発が活発になっています。

・KRIは、MIに関する日本のみならず海外を含めた研究の全体動向、活用の事例などの幅広い分野をカバーした調査をご提供いたします。

プロジェクト内容例

【STEP1:全体動向調査】
MIの定義、材料開発の全体動向をまとめた調査結果をご提供します。
(すべてのお客様に共通の調査結果です)

【STEP2お客さま個別調査】
お客様のご要望・興味対象をもとに、調査・分析を行います。

① MI活用の事例の深耕調査
② 必要なデータの種類の取集、社内整備方法

【期待される成果】
MIの動向調査結果を通して、お客様の環境に適したMI構築や活用方法をご提案します。

調査範囲

【調査国】

日本、アメリカ、EU、中国 等

【調査範囲】

・政策動向(国家プロジェクト等)
・ニュース記事等
・開発動向
・特許動向

【技術分野】

・断熱材料、誘電材料、触媒材料、磁石材料、蓄電池材料、熱電材料など

調査結果イメージ

 目次
1.MIの定義

2.材料開発動向

2.1各国の政策動向
2.2新製品動向(ニュース記事等)
2.3開発動向(特許動向)
2.4研究動向(文献動向)

3.事例まとめ

4.まとめと提言
4.1MIの全体動向まとめ
4.2MIを構築や活用するための提言