電池・キャパシタ関連研究開発に関するKRIとのコラボレーション

〜研究開発の加速、課題解決を一緒に目指しませんか〜

研究開発パートナーとして、クライアント様の研究開発・事業の支援に取り組みます。

  • ●クライアント様が抱える課題・ニーズに対するご提案/研究開発実務の実施
  • ●クライアント様とのディスカッション(開発方向性、マーケティングなど)・技術連携
  • ●クライアント様における不足リソース(技術、人、設備など)の補完

クライアント様アプローチに対するコラボレーション型開発支援

1.コラボレーション型開発支援
研究開発において、
・現状の開発レベル(ポジショニング)、特徴・課題の明確化が重要
・開発方向性検討、ブレークスルーには新たな目線での議論も必要
クライアント様の技術+KRIが保有する蓄電関連技術、先端評価手法・ノウハウ、20年の評価経験独自のものさし、データ解析力のコラボレーション型開発支援をご活用されませんか?

2.技術マッチング
以下のような場合で、第三者とのマッチングのご要望がありましたら、ご相談ください。
●開発技術を活用したいが、アピールすべきターゲットが不明
●課題を他社技術との複合で解決したい
●先端開発系に適用したいが、KRI標準評価系として提案できない など
(各クライアント様情報に対する守秘義務をKRIは有していますので、双方に技術マッチングの要望がある場合のみ、成立します)

KRIの保有技術/2018年度受託トレンド

蓄電分野における「材料技術からシステム技術」、「研究開発・評価・分析」まで一貫した開発支援体制をとり、多様なクライアントさまのニーズに応えて参ります。

この内容に関するお問い合わせ

エネルギー変換研究部