社員インタビュー

西島 主明西島 主明
西島 主明西島 主明
エネルギー変換研究部
次世代電池研究室長

西島 主明

2015年入社
西島 主明
電池の研究を続けたい
それが転職を決めた一番の理由

長年、メーカーで電池の研究開発をしていましたが、会社の経営状態が悪化し、研究開発部門が縮小されることに。けれど、私自身は電池の研究を続けたいという思いが強く、KRIに転職しました。当時から、ここがどんな会社かはだいたい把握していましたし、技術力が高く、先進的なことにも積極的に取り組んでいるという評判も聞いていました。ですから、転職先として当社を選ぶことに迷いはありませんでした。そうした印象は入社してからも別段変わることはなく、現在は、エネルギー変換研究部・次世代電池研究室で、固体電解質関連および計算化学に関連する受託研究の受注に向けた提案とプロジェクトの推進管理を行っています。

西島 主明
複数の異なるテーマに取り組む
やりがいのある刺激的な環境

メーカーでの研究は、製品化を見据えて一つのテーマに取り組みますが、当社では異なるテーマをいくつか並行して進めていくことが基本で、そこが一番の違いです。私たちには、幅広い業界のお客様から日々さまざまな課題(テーマ)が寄せられ、一つとして同じテーマはありません。一つのテーマを深堀するメーカーの研究もやりがいはありましたが、異なるテーマに同時に取り組むことよって知識の幅を広げていくというのはこれまでにない経験で、研究のスピードも速く、大きな刺激を受けました。複数のメンバーが複数のテーマを持っているので知識の共有・共用ができますし、「こちらで使った原理をあちらに応用できないか」といった新たな発想が生まれることもよくあります。

西島 主明
これまで培ってきたものが
逆境を乗り越える支えになる

最先端の環境に身を置き続けるということは、刺激的で楽しい一面もありますが、その分、足踏みすることが許されないという厳しさもあります。はっきりとしたゴールが見えない中で研究を進めなければならないことも多く、ときには行き詰まることも……。けれど、私自身もそうですが、当社の技術者にはそれぞれに、当社に来るまでに培ったバックグラウンドや人脈があります。それらを持ちより互いに掛け合わせフルに活かせば何かしらの突破口を見出すことができるのです。それが、高い専門性と多様な経験をあわせ持つ技術者を集めた当社の強み。私は40代後半で転職しましたが、好きな研究が続けられることはもちろん、成果に見合った評価を受けられることも弊社の魅力だと実感しています。この先も現役の研究者として最前線で学び、成長していける会社は他にないと思っています。

KRIで活躍したいあなたのエントリーをお待ちしております。