ごあいさつ

技術に関するお困りごとを解決する受託研究で産業技術の発展に貢献します

KRIは、研究員の持つ高度な技術力でお客様のお困りごとを解決することを事業目的としています。単発の分析、計測・評価、調査、コンサルティング等も受託していますが、解決方法の提案だけでなく、その実験的検証を実施し、お客様の研究開発や問題解決を現に前進させる「受託研究」にKRIの大きな特徴があります。

KRIは、1987年2月に、大阪ガス(株)が100%出資し、アメリカのSRIをモデルに、研究員と研究設備を抱えて独立した受託研究を事業とする日本では例のない会社として設立されました。創業当初こそ、最先端の科学技術研究を指向していましたが、バブル崩壊と共に企業の研究開発のあり方が大きく変わり、研究効率が追求される中で、お客様の企業内で実施困難な研究を補完する役割を見出し、そのノウハウを磨いてきました。その真髄は、お客様の技術ニーズに徹底して応えるということにあります。その結果、SRI等の受託研究機関が事業資金のほとんどを国などの公的資金に依存しているのに対し、KRIは、お客様からの信頼を得て、民間企業からの委託研究費のみで成立する独自の受託研究事業を確立、お客様に育てていただきながら、2017年には創業30周年を迎えることができました。

KRIでは、世の中の様々な技術ニーズに対応することで培われてきた高度な技術力と問題解決力を有する経験豊富な研究員が、お客様のお困りごとの最適な解決方法を提案、検証していきます。化学系を中心として幅広い技術分野の専門家を擁し、研究企画、シーズ探索から、新材料の開発・応用、そして事業化に向けた量産プロセス設計・製造コスト試算、さらには事業化後のトラブル解析や品質管理まで、あらゆる段階のお困りごとに対応させていただきます。厳格な秘密保持と成果はお客様のものという二大原則で、お客様のクローズド戦略の研究開発も安心して委託して頂けることもKRIの特徴です。
これからも、お客様との信頼関係のもと、技術のお困りごとを受託研究で解決することでお客様と産業技術の発展に貢献してまいります。